生肉 危険

生肉の検査基準 【基本的に危険&食べてはいけない】

生肉の検査基準 【基本的に危険&食べてはいけない】

焼肉酒家えびすの食中毒による男児死亡事件で、生肉の安全性が問題視されています。

 

 


(社長の記者会見時写真)

 

では実際生肉は危険なのでしょうか?

 

この答えはもう明確で、生肉は『危険』な食べ物です。

 

ユッケやレバ刺しなど、今焼肉市場にはたくさんの生肉料理がありますが、この生肉は国が安全性に問題があった場合の衛生基準に関する罰則などを設けていないため、ずさんな管理のもとで検査&調理していることが多いそうです。

 

こういった状況のため、市場に「生肉用」という肉は全く流通することがないのです。

 

2009年時では、生肉用として流通した肉は0件でした。

 

つまり、普通の焼肉用の肉を使っている店であふれかえっているのです。

 

特にチェーン店などは素人に近い調理師が多いため衛生面では個人経営の焼肉屋よりも大きく劣ります。

 

そして、私たちが普段家庭で購入してるお肉も安全なものを選ぶよう注意しなければいけないのではないでしょうか?

 

安全な食材を手に入れるのでしたら、少々値が張ってもしっかりとした検査が行われているお肉を購入したほうがいいでしょう。

 

 

 

食材宅配サービス おいしっくす

自社独自に検査を実施しており、安全&衛生面では一番。
食品の産地を選べる。
定期宅配サービス。
送料170円〜無料と格安。

>>詳細はこちら

 

生肉,危険,検査,基準,食中毒,健康

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ